Q&A

HOME » Q&A » 夏かぜについて教えて下さい。

5夏かぜについて教えて下さい。

咽頭結膜熱(プール熱)、ヘルパンギーナ、手足口病と言われるものが夏かぜです。症状は、咳、鼻水、発熱、のどの痛み、腹痛、下痢、発疹などが挙げられます。そして、主な合併症に、気管支炎、肺炎、胃腸炎があります。それでは、ひとつずつ簡単にご説明します。

咽頭結膜熱(プール熱)

プールを介して爆発的に流行することがあり、プール熱とも呼ばれています。感染力が強いので、タオルなどは別にしましょう。

原因ウイルス アデノウイルス
流行時期 7月~9月
好発年齢 3歳~6歳
経過 (1)39度前後の高熱が、3~5日間程度続き、のどの痛みが強く、のどが真っ赤になります。
(2)目は充血し真っ赤になり、目の痛みやまぶしさを訴えます。涙や目やにも出ます。
(3)腹痛や下痢を伴うこともありますが、発症から1週間ほどで回復します。

ヘルパンギーナ

ウイルスの感染力が強く、毎年夏になると流行します。高熱とのどの痛み、水疱が特徴です。

原因ウイルス コクサッキーウイルス
流行時期 6月~8月
好発年齢 1歳~4歳
経過 (1)突然39度前後の発熱とともに、のどの奥と周囲に赤い小さな水疱がたくさんできます。
(2)のどの痛みが強く、つばも飲み込めないほどです。そして食欲もなくなります。
(3)2日前後で熱は下がりますが、数日間はのどの痛みがとれません。約1週間ほどで回復します。

手足口病

病名のとおり、手、足、口に水疱ができます。そして、感染力がとても強いです。

原因ウイルス エンテロウイルス、コクサッキーウイルス他
流行時期 4月~9月
好発年齢 1歳~5歳
経過 (1)手のひら、足の裏、膝、ひじや口などに米粒大の水疱が出きます。
(2)口の水疱は破れて、しみて痛いため、食欲が落ち不機嫌になります。
(3)熱は出ても、微熱程度のことが多く、下痢や嘔吐を伴います。

お薬は?

■原因菌は、ウイルスですから、直接効く薬はありません。咳や鼻水がひどい時は、対症療法のための薬を使います。また、かぜが長引き、細菌の2次感染が疑われた時は、抗生物質を使うことがあります。
■解熱剤 は、高熱が続き、体力が消耗して苦しい時には使ってください。

看護のポイント

■熱が高い時は、タオルで汗をよく拭いてあげましょう。熱があっても38度を越えていなければ、シャワー程度はOKです。
■高熱やのどの痛みから食欲がない時は、水分をこまめに与えましょう。脱水症状には、気をつけて下さい。
■食欲が出てきたら、喉ごしのよいものからあげて下さい。

夏かぜの予防法

規則正しい生活がとても大切です。この時期は、夏休みと重なり、生活リズムが崩れやすくなりますので注意しましょう。そして、元気よく遊び、バランスのよい食事と充分な睡眠をとらせてあげて下さい。

Q&Aに戻る≫≫