Q&A

HOME » Q&A » 高コレステロール血症って、なんですか。

6高コレステロール血症って、なんですか。

血液中のコレステロール、中性脂肪などの脂質の数値で診断されるのが高脂血症です。コレステロールが高くても、自覚症状はほとんどありませんが、血清中のコレステロールが増加した状態が続くと、余分なコレステロールが血管壁に溜まって動脈硬化になり、やがて狭心症や心筋梗塞といった深刻な冠動脈疾患を引き起こす原因になります。その意味で、高コレステロール血症は、Silent Disease(沈黙の疾患)と呼ばれます。

善玉と悪玉のコレステロールとは。

コレステロールとは体になくてはならないものです。そのコレステロールを各細胞に運ぶ「リポ蛋白」がLDL(低比重リポたんぱく)です。しかし、コレステロールを過剰にとりすぎると血液の中に「リポ蛋白」が停滞してしまい高脂血症になってしまいます。LDLは「悪玉」と呼ばれています。逆に、抹消組織に余ってしまったコレステロールを肝臓に送り返すHDL(高比重リポたんぱく)が「善玉」と呼ばれています。

高コレステロール血症は、なぜ治療が必要ですか。

冠動脈疾患が起きる原因は一様ではありませんが、「最大の危険因子」といわれるのが高脂血症です。日本人の死因の第1位は、悪性新生物(がん)ですが、第2位、第3位には心疾患、脳血管疾患といわゆる「動脈硬化性疾患」が並びますが、両者をあわせると第1位に肉薄する死亡率を示します。高コレステロール血症治療の第一歩は、食事療法や運動療法による生活習慣の改善です。また、薬が処方された場合は、指示されたとおりに薬を飲みましょう。

Q&Aに戻る≫≫