Q&A

HOME » Q&A » 花粉症をどうのりきったらいいのでしょうか。毎日の暮らしの中で出来ることを教えて下さい。

11花粉症をどうのりきったらいいのでしょうか。毎日の暮らしの中で出来ることを教えて下さい。

花粉症対策の基本は、花粉との接触を避けることです。花粉が飛んでいる時期はできるだけ外出をしないように、といわれますが、実際、家のなかに閉じこもって数カ月過ごすわけにはいきません。それでは、花粉に接触しないための工夫にはどういうことがあるでしょうか。

外出するときどうすればいいの?

外出するときマスクは、鼻やのどに花粉が侵入するのをある程度防いでくれます。また、コートや上着ですが、織り目がつんだ滑りのよい素材のものは花粉がつきにくいのです。長い髪にも花粉がつきますので、まとめたり、帽子をかぶるなど工夫しましょう。

帰宅したら何をすればいいの?

玄関のドアの外で、上着や帽子、持ち物などについた花粉をブラシで払い落としてから家に入ります。それから顔や手を洗い、口、目、鼻をすすぎましょう。花粉症の患者さんだけでなく、家族全員が実行して、花粉を室内に持ち込まないようにすることがポイントです。
忘れてならないのは、ペットの存在です。外出後、家に入れる前にブラッシングをして花粉を払います。

掃除のコツは?

掃除機をていねいにかければ、花粉をかなり除くことができます。カーテンやソファ、ベッドカバーも掃除機をかけます。しかし、掃除機の排気といっしょに花粉の一部が再び室内に出てしまうことがあるので、排気孔にホースをつけて排気を外に出すとよいでしょう。フローリングは花粉が舞い上がりやすいので、拭き掃除をおすすめします。
花粉の飛ぶ期間中は治療薬を自己判断で止めないことが大切です。
花粉の飛ぶ量が少ない日は症状が軽くなることがありますが、花粉症が治ったわけではありません。薬を止めると、また花粉の飛ぶ量が増えたときにアレルギー症状が出てきますが、あわてて飲んでもすぐに効果は出ません。処方された薬は、指示されたとおりに飲みましょう。

Q&Aに戻る≫≫