意見箱

HOME » 意見箱 » 市の検診に来たのですが…

2005年9月

市の検診に来たのですが…

目の検査の件、他の病院では市の検診で両目がセットになっています。友人が受ける時(他の病院で)私の片目有料だという話をしたところ、両目でひとつとみなしてそこの病院ではやっていますと答えたそうです。同じ市検診でどうしてこの様にちがうのでしょうか?人は両目で当たり前、片目のみ有料、片目無料はおかしいと思います。たまたま、私は誕生日前に来ましたが、肝炎の検査が節目にあたるや否やと微妙なのもおかしいですね。市の方に聞いてみます。

お返事

川越市基本健康診査の眼底写真は、当初市内でも検査可能な医療機関がほとんどなかったのですが、当院ではいち早く健康診査の全ての項目が検査できるよう導入致しました。ですから、受診された医療機関によっては出来る検査と出来ない検査がありました。市の健康診査の各医療機関での対応がまちまちなのはおかしいと思いますが、実際にはそのように行われています。今でも眼底写真を撮らないところもあります。

ご指摘の件ですが、導入時、特に市からこのようにやって欲しいという指導はなく、眼科の先生から健康診査の眼底写真は左右いずれか1つで十分で、もし患者さんが心配であれば毎年交互にチェックしてみたらとアドバイスを頂きました。眼底写真は続けて両目を撮ることはできず時間がかかってしまうこともあり、当院では片目だけで行い、両目を希望された場合のみポラロイドの写真代の160円を頂戴しておりました。

今回このようなご意見を頂き調べましたところ、いまだ対応はまちまちでしたが、両目を撮影する医療機関もあることがわかり、当院でも9月下旬から両目検査に変更致しました。ご意見を寄せて頂いたことにより、こちらも勉強になりましたし、見直しができ嬉しく思います。ありがとうございました。

また、肝炎の件ですが、市からは対象年であっても、誕生日以降でないと無料検査の対象にならないと言われております。これはとてもおかしなことだと思うのですが、実際はそのように行われております。確かに市の広報誌にもそのことの記載はありますが、今回は健康診査のご予約時に、肝炎のこともお尋ね頂いており、その際にお誕生日を確認しお伝えすることが抜けてしまったことを本当に申し訳なく思っております。以後このようなことがないよう注意いたします。

意見箱に戻る≫≫