院長の部屋

HOME » 院長の部屋 » 6 夢のメジャーリーグ

6 夢のメジャーリーグ

04年04月

陽ざしもとても明るく、桜も至るところで咲きほこり、春本番となってきましたが、皆様お元気ですか。 クリニックの近くのお伊勢塚公園では桜が満開になっており、まさに桜の園と言ったところでしょう。 伊勢原町のキャッチフレーズが桜咲く町 伊勢原と言い、今や川越の桜の名所の一つになっています。

今回は、大好きなメジャーリーグのことを書きたいと思います。
昨年はメジャーリーグ公式戦(シアトルマリナーズ対オークランドアスレチックス)が、イラク戦争勃発でチケット購入後中止が決まり、息子と二人してがっかりしたのを思い出します。今年も自衛隊のイラク派遣などもありテロが心配されていただけに、東京ドームに行くまでは冷や冷やしました。 息子と二人ヤンキースのジャンパーを着ていたのが目立ったのか、時事通信社の記者の方にインタビューされてしまいました。 こんなことは初めての経験で慣れないため、最初は緊張してしまいましたが、途中からは記者さんそっちのけでしゃべりまくってしまいました。アハ! 翌日ひそかにスポーツ新聞などに目を通しましたが・・・残念!載っていませんでした。 あのインタビュー記事は、はたしてどこかに載ったのでしょうか?!名前まで聞かれたのに・・・。(-_-;)
メジャーリーグファンとして、ヤンキースが来日するなんて本当に夢のまた夢!!本当に感激(^o^)丿しました。 またその試合を息子と見られることに感謝。 そして、松井の帰国後、第1打席のホームランにも感動。東京ドームでの観戦はまさに夢のようでした。

メジャーの選手のスピード&パワーは大変なものですが、印象に残ったのが、ヤンキースの超スーパースターのキャプテン デレク・ジータ アレックス・ロドリゲス(通称A・ROD)のひたむきなプレーです。 二人とも平凡なサードゴロを打っても、一生懸命ファーストベースに駆け込み走りぬけていくのです。 一つ一つのプレーを最後まであきらめずプレーすることに感動しました。 同じことを31日のヤンキース対デビルレイズの公式開幕第2戦のテレビ中継で元巨人の中畑さんもおっしゃっていました。 人間どの世界でもあきらめることなく目標に向かってがんばらなくてはと改めて思いました。

    

クリニックでは、季節の変わり目で喉風邪の患者さん(喉の痛み・咳・鼻の炎症など)、お腹の風邪の患者さんが少なくありません。 手洗い・うがいに充分な睡眠を心がけて下さい。

花粉症(スギ)は、予想通り飛散量が例年より少なく、皆さんいつもよりは「楽ですよ。」とお話を伺います。

4月はあらたなるスタートを切る方がたくさんいらっしゃいます。心よりご活躍をお祈りいたします。

院長の部屋に戻る≫≫