院長の部屋

HOME » 院長の部屋 » 10 カラ梅雨 ?!

10 カラ梅雨 ?!

05年06月

梅雨にしては晴れ間ものぞき、うっとうしさがなく嬉しい反面、関東と沖縄以外では、より降雨量が平年と比べ少なく、今日もテレビで長野市の日照りあがった田んぼの様子がニュースで流れていました。雨の少ないことは歓迎なのですが、その後に続く水不足を考えると、やはり梅雨には梅雨らしいお天気が一番なのかもしれませんね。

日本脳炎ワクチンの中止勧告

さて、最近のニュースとしては、やはり日本脳炎ワクチンの中止勧告です。医療関係者には寝耳に水で、朝のニュースで知ることとなり、数日後にFAXにおいて通達があったしだいです。今のワクチンでもリスクは大変低いと思われますが、さらに安全性の高いワクチンを開発中とのこと。現時点では、経過観察といった状況です。日本脳炎ワクチンについてのお問合わせは、お気軽にお電話下さい。先日、Q&Aのページにも載せてありますので、お読み頂ければと思います。

優しい絵

皆さんは、クリニックでいくつか飾ってある絵をご覧になったことはありますか?ディズニーやモネの絵の他に、たまたま、デパートの絵画売り場で見て、気に入った絵(版画)を飾っています。その絵から感じられる優しさに惹かれるんだと思います。それをきっかけに、その画家さんの絵を購入し、自宅に飾っていたのですが、クリニックに飾ってはどうかと思い立ちました。穏やかな気持ちにさせてくれる内田新哉さんの絵がクリニックで活躍してくれています。1階のプレイルーム横の絵は、四季ごとに替えています。全部で内田さんの絵を1階と2階を合わせて6点飾っていますので、機会がありましたらご覧になって下さい。(デジカメで写したのですが、光が入ったりして見にくくてすみません。色合いも実物とは多少違います。)

     

グッピーの子どもたち

1階廊下のプレイルームよりの水槽で、今年もグッピーの赤ちゃんがたくさん誕生しています。グッピーは一度に100個近くの赤ちゃんを産みますが、ほとんど親が食べてしまいます。残った少しの子どもたちが、水草などに隠れながら育っていきます。今回も大きな水草が赤ちゃんたちの隠れ家となっています。

海水魚たちも、とても元気にしています。私の大好きなツノダシ(ファインディング・ニモではギル役)は、自分の体長より2倍ほど長い背びれをユラユラさせながら、所狭しと泳いでいます。相変わらず、子どもたちに人気があるのは、ニモと同じ、カクレクマノミです。お子さんが診察室の水槽をのぞき、「ニモだ!ニモだ!」と喜んでいる姿は大変嬉しく、水槽を置いてよかったなぁ~と自己満足しています。これからも、クリニックの一員である魚たちを大事に育てていきたいと思っています。

  

地球温暖化に伴って、気温の上昇、異常気象など、いろいろ言われている今日です。農作物も天気によって、いつもと違う生育になり、収穫時期がずれ、安くなったり高くなったりと変動しています。今は、レタスやキャベツの収穫時期が一部ずれたことにより、ここ何年かの最安値を記録しているとニュースで聞きました。主婦にはありがたい話だと思いますが、ずれてしまって穴ができたところでは、高値が予想されるだけにちょっと複雑ですね。おいしさだけでなく栄養の面でも旬のものが一番なので、うまく利用して食生活を豊かにしたいものです。それが健康の秘訣かもしれません。そして、かたよらず、いろいろなものを食べるように心がけましょう。この季節は、食品がかびたり、痛みやすい時期ですので注意してください。

院長の部屋に戻る≫≫