院長の部屋

HOME » 院長の部屋 » 23 梅の季節。。。もうすぐ桜

23 梅の季節。。。もうすぐ桜

08年03月

節句を過ぎたと思ったら、もう3月も半ばを過ぎましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。日に日に陽射しもめっきり春らしくなり、通勤途中に白やピンクの梅が満開に咲き誇っているのをみると、気持ちもわくわく元気がわいてきます。

この冬はまわりが騒ぐほどインフルエンザの流行は、この地域ではみられませんでした。なんとなく12月に始まり、なんとな終息したのかな。。。という印象です。現在は、ウイルス性胃腸炎、溶蓮菌感染症が目立ちます。体の免疫が低下した時に病気にかかりやすいので、規則正しい生活を心がけてください。

花粉症

3月はスギ花粉症の方には大変な季節です。今年のスギ花粉の飛散量は例年よりやや多めとのこと。この冬はいつもより冷え込みも多く、また雪も何度となく降ったりで、本格的な飛散は、いつもより2週間程度遅れましたが、今はもう真っ盛りです。

皆さん、多種多様な症状でお辛いことと思います。対策として、行政ではスギの伐採、花粉の飛びにくいスギの植栽など、医薬では、ワクチンの開発などいろいろ取組みが始まっていますが、、効果が出るまでにはまだ時間がかかるようです。まずは、予防薬としての抗アレルギー薬の早期服用(1月下旬頃)が肝心です。

 

麻疹(はしか)

ここ最近、麻疹の流行を関東のところどころで耳にします。 昨年は10~20代で関東を中心に流行がみられ、多数の大学が休校をよぎなくされたことは記憶に新しいところです。

麻疹は欧米では元々ワクチンは2回接種を実施しており、、もはや排除された感染症という位置づけです。ですから、向こうの方にとっては、はしかにかかることはまずないので、感染することはとても恐怖に感じられるそうです。

わが国では、昨年より2回接種が遅ればせながら始まったばかり。これまでの1回のみの接種だった場合、近年では、麻疹ウイルスに接触する機会もが少なくなり、麻疹に対する免疫もさびついてくるという皮肉な結果を招き、それが発病の原因のひとつになっていると言われています。

対策として、国は今年の4月から5年間、中学1年生と高校1年生を新たな対象者として麻疹ワクチンの接種をすることとなりました。この世代以外の方々でも、年齢を問わず麻疹にかかった記憶のない方、ご心配な方は、予防接種および麻疹の抗体検査についてご相談ください。

マイブーム

ここ最近忙しい時に息抜きで、映画館に行ったり、アメリカのテレビドラマをテレビやDVDでよく観ます。『CSI:科学捜査班』シリーズ、『ミディアム』、『FBI失踪者を追え!』、『ER』などなど。

現在のお気に入りは、2月からケーブルテレビで始まった『コールド・ケース』。迷宮入りになった事件を解決しようとする若くて綺麗で頭の回転のよい、どことなく影のある雰囲気の女性刑事リリー・ラッシュが主人公のドラマです。

 
TM & c Warner Bros. Entertainment Inc.

彼女は人々に忘れられた事件に人生を捧げる敏腕刑事であり、他人にも心を開いて献身的になれる女性で、本能や直感が鋭いカッコイイ女性なのです。毎回、清潔感のある白いブラウスのパンツルックでさっそうと登場。じわりじわり犯人に近づいていくドラマ展開は楽しいです。

コールドケースと言えば、最近話題になっているロス疑惑、まさにそのものです。鑑識の技術の向上や、足かせがなくなって話をしはじめる者や警察と取引をする者が増え、昔では解決が困難だった事件も解決するケースが多々あるんだそうです。さすがアメリカ、そんな未解決事件ばかりを追う部署があるなんて。このロス疑惑事件は日本では裁判が終わっていますが、アメリカの司法がどのように進んでいくかは見守りたいところです。

春休みのおすすめ映画

最後に、最近観た映画でおすすめは、ディズニー映画「魔法にかけられて」。もう2回も観てしまいました。先週末の興行ランキング初登場1位も納得!!ファンタジックで心がなごむとってもさわやかな映画です。


[c]Disney Enterprises,Inc.

笑えるシーンがてんこ盛り。特にプリンセスのジゼルの友だちのリスのピップがサイコーに笑えま~す!!思い出しただけで笑ってしまうほど(笑) 心ゆらす感動シーンもいっぱいあり、お伽話の世界(アニメーション)と現実(実写)が、とってもうまく交じり合い、誰もが楽しめる作品に仕上がっています。機会がありましたら、この春休みにどうぞご家族でご覧になってみてください。楽しい時間を過ごせることまちがいなしです。

院長の部屋に戻る≫≫