院長の部屋

HOME » 院長の部屋 » 33 雪の便り。。。

33 雪の便り。。。

09年12月

暖冬のためか、雪のなかったスキー場にようやく雪!雪!例年より早い大寒波の襲来で、各地より大雪の便りが届き、スキー場もやっと営業にこぎつけホッとされている所が多いとのこと。

インフルエンザの勢いも全国的に12月より減速傾向になってきており、この川越地区でも学級閉鎖、学校閉鎖を耳にすることもほとんどなくなりました。当院でもインフルエンザの患者さんはめっきり少なくなりました。
でもこれからが季節性インフルエンザの時期!!今後、新型と季節性が混じって強力なインフルエンザの発生の危険性や鳥インフルエンザと心配はつきませんが、体調を管理されてインフルエンザをふっ飛ばしましょう(笑)

お詫び

今回の新型インフルエンザの予防接種の予約において、ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫びいたします。

当日は予想をはるか上回る予約ご希望の方々が朝早くから来院され、午前8時には100名様を越え、クリニック周辺は車であふれてしまい近隣の方々にご迷惑をおかけする事態となってしまいました。予約受付は9時半からでしたが、外はあいにくの雨でとても寒く、その多くの方を受付時間までお待たせするわけにいかず、急きょ順番札をお配りして予定時間を繰り上げ院内に入って頂きました。もうその時点ですでに受付予定数に達している状況でした。

というわけで、受付開始時刻にクリニックにいらして頂いたにもかかわらず予約をとることができなかった多くの患者様には、ご不快な思いをおかけし本当に申し訳ございませんでした。今回のことを踏まえ、この先はできるだけスムーズに対応できるよう対処してまいります。

ニュース!私のとびっきりのお宝

先日、4人の野球選手にそれぞれ直筆のサインがされた写真をゲットすることができました。この選手たちは、私がメジャーリーグ・ファンになったきっかけを作った、忘れることのできない「人々」なんです。

1971年、ボルチモアオリオールズというメジャーリーグの歴史の中でも指折りの強豪チームが来日しました。この4人は、その時の主力ピッチャーでなんと皆20勝ピッチャーなのです。チームに20勝ピッチャーが4人存在したのは、1920年のホワイトソックス以来、今日までにその2回だけです。

写真の向かって左からパーマー(20-9)、マクナリー(21-5)、クエイアー(20-9)、ドブソン(20-8)。その時代、日本では、巨人が王、長嶋選手を中心とした強力打線でV7を達成したプロ野球の全盛期でした。そんな中で日米決戦ムードも否が応でもヒートアップ。でも、終わってみればオリオールズの12勝2敗4引き分けという結果となり、日本勝利の夢はもろくも崩れさったのです。その上、 ドブソン投手は巨人相手にノーヒットノーランまでやってのけてしまい、その途方もない強さを前に、日本中がメジャーのすごさを実感した瞬間でした。

そしてもう一つ印象的だったのが、彼らのユニホームです。当時、日本では、まだ使われていないニットのユニホームでベルトレス、帽子のロゴマークもとても可愛らしく、全てが斬新でかっこいいアメリカを感じたのでした。それ以来、私はメジャーリーグに夢中になったというわけです。この写真を見ると、あの頃のことを思いだし懐かしさに心が高鳴るのです。

メタボ健診

現在、メタボ健診も後半にさしかかりました。生活習慣病は「氷山の一角」です。これまで動脈硬化の危険因子である高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満は、それぞれ独立したものと考えられていました。しかし、実際、高血圧の方々は、糖尿病や高脂血症なども発症していることが多く、また発症していなくても糖尿病になりやすい、また逆に糖尿病があると高血圧になりやすいことがわかってきました。

生活習慣病を氷山に例えると、高血圧や糖尿病、高脂血症は氷山の一角。しかし、海面上に浮かぶ氷山の下には、さらに大きな氷の塊が潜んでいるように、これらのどの生活習慣病の背後にも、インスリン抵抗性という共通項が潜んでいます。
インスリン抵抗性とは、ホルモンの働きが悪くなり、血糖を下げるのに通常以上のインスリンが必要となった状態をいいます。この状態は高血圧を招き、そのままにするとインスリンを分泌する細胞が疲れてきて、インスリンは分泌されにくくなり、血糖値がどんどん上がって糖尿病を招くというやっかいさをかかえています。
※糖尿病とはインスリンの分泌が低下し、高血糖の状態が続いた場合をいいます。

このため、一つの疾患だけを治療しても、その下に隠れているインスリン抵抗性という根本の原因を解決しない限りは本当の解決にはなりません。今回、健診で精査または要治療を指摘された方々は、億劫がらずにドクターと協力しあい、事をすすめて頂きたいと思います。

今年もあとわずか!少しでも悔いの残らないよう全力で頑張ってまいります。一年どうもありがとうございました。皆様もお体を大切になさって、幸せな年をお迎えください。来年は今年より良い年でありますように。。。

A Merry Christmas & A Happy New Year !!
院長の部屋に戻る≫≫