院長の部屋

HOME » 院長の部屋 » 38 平成22年も終わりに近づき。。。

38 平成22年も終わりに近づき。。。

10年12月

色鮮やかな紅葉も落ち葉となり、枯れた木が妙に寂しげに映る季節になりましたね。今朝、お隣の家の屋根には霜が降り、気温はなんと氷点下。暖かく感じていた12月もここにきて一気に寒くなってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

この時期の天候は比較的安定していて晴れやすく、またよく乾燥していますので、風邪のウイルスもとても活動しやすい状態になっていますので、より風邪をもらいやすいのだと思います。
毎年師走は、風邪の方が非常に多いのですが、今のところ今年の特徴は、“特徴がないのが特徴”といったところでしょうか。インフルエンザが流行っているわけでもなく、メディアで騒ぐほどウイルス性胃腸炎の方々が多いわけでもなく、印象としてのどがイガイガ、咳、鼻が出て市販の薬が効かないので来院される方が多いようです。

ふたご座流星群

 生まれて初めての流れ星発見!に大感激した私。なぜか今まで流れ星に縁がなく、これまで報道で今晩はたくさん流れますよと聞き、夜空を見上げても流れ星に出会うことはありませんでした。

ところが今回、12月14日(火)の夜の11時のニュースで「午前1時~3時ごろ、ふたご座流星群が見ごろですよ。」と可愛い女子アナさんの言葉に誘われて、さっそく午前1時、自宅のベランダから空を見上げてみました(*^m^*)

目が慣れてくると、澄みきった夜空に星々がにぎやかに輝いてみえました。この時間帯は、ふたご座がちょうど真上あたりに位置し、月も沈むため、より観測しやすいとのこと。じ~と目をこらし☆夜空☆を見つめました。すると、ひときわ大きく輝く光が凍てつく冬の夜空を貫く光の矢のごとく、スッーと流れるではないですか!! ひとつ流れると、その後に続いて流れたり、途中幾度か雲に隠れながらも、1時間の間に10個ほどの流れ星を観ることができました。それは、何か自分が大宇宙と接点を持ったような、少々大げさですが、なんとも言えない神秘的な感動を覚えました。

流れ星の速さはあっという間で、願い事そするなど到底無理な話!!ちょっと残念でしたが、一緒に1時間夜空を見上げた娘は、「たえず願っていれば間に合うよ。」と嬉しそう!流れ星が流れるたびに歓声をあげた私たちでした。

この日はさほど寒くなく、1時間も外で夜空をながめていても苦痛ではありませんでしたが、首をずっと上に向けていたため、首がひどく痛くなりました(笑) 次回はどこかに寝ころがってみようと思っています(*^-^*)

野鳥に興味深々

自然豊かなこの川越には野鳥もたくさん飛んでいます。皆さまから、クリニックの近くをゆったり流れる小畔川(こあぜがわ)にも、水質の良いところにしか生息しないカワセミなど、多くの野鳥を散歩中に見かけるという情報をいただいていました。そんな折、うちのスタッフより坂戸の浅羽ビオトープで、カワセミを見ることが出来ると聞き早速行ってみました。

まず、ビオトープ(biotope)とは、生物群集が存在できる環境条件を備える地域のことで、生物群の生息空間を示す言葉です。浅羽ビオトープは、「こまがわふるさとの川整備計画」に基づき鶴舞川の付け替えに合わせて、生物の生息環境に配慮した湿地が作られました。そして、子どもたちが自然とふれあい、自然との共生について学べる野外活動の場として平成14年にオープンしたそうです。

万葉集の中にもこの地を詠んだ歌があるという高麗川河畔のこの場所は、バードウォッチングのメッカでもあるそうです。街中の喧騒を忘れさせ、ノスタルジックな気分にさせてくれる浅羽ビオトープでしたが、残念なことにカワセミに出会うことはありませんでした。次回は出没場所を確認してから出かけてみようと思っていますヽ(*’-^*)。<先ごろから、クリニックの窓際の植え込みに、柿やみかんをさしたけやきの枝を置いてみました。メジロなど野鳥の来訪はいつになるでしょうか!今から首を長くして待っている私です。

ごちそう三昧の年末年始

年末年始は何かと忙しい日々が続きますね。夜は宴会続きで、だんだん身体が重くなってきた。。。という方々も多いのでは?! 寒さ厳しい冬には夏よりも多少、脂っこいものや味の濃いもの、煮込みやオーブン料理を食べて身体を温めることが大切ですが、つい食べ過ぎてしまうのが心配なところ。クリスマス、忘年会、新年会とごちそうをいただく機会が多い方々は、特に注意が必要です。

体重がアップしても問題ですが、要注意は、増えた体重の中身なのです。人間の身体は寒い時期はエネルギーを溜め込もうとし、温かくなると放出するようにできています。でも、この時期に動物性の食品や油脂類、甘いお菓子などを食べ過ぎて、身体中に老廃物をたっぷりと溜め込んでしまうと、春先に身体がそれらを体外が出そうとしても、その働きが追いつきません。

ここで意識したいのは、「入れたら出す」ということです。身体の不調やアレルギーなどのさまざまな病気は、この循環がうまくいかないため起きることが多いのです。
というわけで、この時期は食べすぎに注意なのですが、楽しい宴会で節制するのも至難の技。1~2キロ程度の体重増ならばあまり気にすることはないと思いますが、それ以上は溜め込まないよう注意してください。

 
まずは野菜をたくさん食べること。特にビタミン・ミネラルの豊富な青菜類を積極的にとりましょう。小松菜、春菊、大根やカブの葉もオススメです。肉類、乳製品など動物性の食品をたくさん食べる時は、大根おろしがいいですよ。大根には、体内に溜まった脂肪を流し出す作用がありますが、身体に必要なミネラル類も一緒に出してしまうので、しょうゆや梅酢を少々たらして召し上がるとよいと思います。また、アルコールを飲む時は、なるべく水も一緒に飲むようにしてください。お酒好きの方は、節制もストレスになるので、「思いっきり飲んでいい日」を作るのもひとつの手です。それで満足したら、他の日は飲むのをやめたり、量を控えるように頑張ってください!

年末年始は、食べたり飲んだりした分をウォーキング(早歩き40分)、自転車なら25分程度、気持ちがいいと感じる有酸素運動に心がけてくださいね♪

 

 
29日でクリニックも仕事納め。今年も残すところあと2日となりました。一年という月日の早さに驚くばかりですが、来年もまた新たな気持ちで、スタッフと一緒に頑張りたいと思っています。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

院長の部屋に戻る≫≫