院長の部屋

HOME » 院長の部屋 » 28 2009年はどんな年?!

28 2009年はどんな年?!

09年01月

あけましておめでとうございます。
昨年は100年に一度あるかないかと言われるほどの金融津波が世界を丸呑みし大混乱を引き起こし、2008年は幕を閉じました。その影響は今年になっても収まることがなく、不安な新年の幕開けとなりましたが、世界中が息を吹き返し、少しずつでも明るいきざしが見えてくれるよう願うばかりです。こんな時だからこそ、私も自分なりに“一歩前へ”の気持ちをもって、前を向いて歩いていきたいと思っています。
12月は世間で騒ぐほどインフルエンザの流行は、この川越近辺ではみられませんでしたが、1月後半から2月にかけてが要注意です。なるべく人ごみを避けるのも予防法の一つかと思います。

真っ白な白鳥

インターネットで偶然に白鳥の飛来地(川島町)が自宅から程近いところにあることを知り、昨年興味津々で出かけてきました。
中学生の時に、デパートのペットショップでセキセイインコのヒナを自分の指にのせたのがきっかけで小鳥が好きになり、十姉妹、手のり文鳥、コザクラインコ、セキセイインコなどたてつづけに飼ったこともあり、野生の白鳥に会えるのが楽しみでした。

12月中旬、川島町の越辺川の河川敷には、25羽ほどの白鳥がのんびりとたたずんでいました。この地には、5年前から飛来してきているとのこと。白鳥は、くぅ~くぅ~と可愛い声をあげて鳴くんですね。お子さんたちは、白鳥と言うと水の上を泳ぐ姿や空を飛ぶ美しい姿を想像すると思うのですが、白鳥は、岸辺を大きな水かきのついた2本足で立って歩きます。こんな様子を真近かでお子さんに見せられるのは嬉しいですね。
白鳥に近寄って行ってもあまり警戒することもなく、カメラを向けるとかえってこちらに寄ってきたりで、つかの間のとてものんびりとした癒しの感覚にひたることができました。岸辺では、白鳥ののびやかな瞬間をカメラに収めようとしている方々も。

調べてみると、白鳥は大きく2種類、オオハクチョウとコハクチョウに分類できますが、口ばしの色から、ここにいるのはコハクチョウのようです。コハクチョウは4000キロも離れたシベリア大陸から約2週間かけて日本に渡ってきます。なんとも力強いですね。そしてその70パーセントは東北地方の湖沼と川に飛来します。ここ埼玉まで南下してきてくれたなんて嬉しい限りです。
しかしながら、強毒性の鳥インフルエンザが日本にも近いうちに流行するのではとの情報もあり、平成16年から続いてきた餌やりは今年から禁止になっています。4月にシベリアに帰るまで、しっかり餌が食べられるか心配です。少々複雑な思いで帰ってきました。

飛来地の横にある 三井精機のホームページ「三井精機からの白鳥便り」 から今までの飛来状況、写真、動画などとても詳しい観察日記がでています。1月6日現在、44羽が確認されているそうです。12月より少し増えています。また、川島町のホームページに場所やアクセス方法も載っていますので、興味のある方は参考にしてください。

そばの力

初めてのメタボ健診も12月をもって終了しました。大晦日には年越しそばを召し上がられた方も多いことでしょう。今、その“そば”が抗メタボ効果が期待されるということで注目を集めています。
そんなそばについての豆知識を !!

そばには、
1.豊富に含まれる「食物繊維」は、腸から血液へのコレステロール、脂肪、糖分、塩分の吸収を妨げ、血液中の脂肪や糖を低下させます。
2.「そばポリフェノール」のルチン(ビタミンP)は血圧低下作用の他に脳の記憶細胞の破壊やボケを防ぐ作用があります。
3.超微量栄養素のバナジウムは、脂質の代謝を促進。コレステロールの合成を抑制する、インスリン様の作用をします。

こうした成分の総合作用により、そばは、種々の炭水化物食物の中では「GI指数」が最も低いものの1つです。
※GI=炭水化物を含む食品を食べた時、炭水化物が消化され糖に変化し、血液に吸収された時の“血糖値の上がりやすさ”を表わす指標。
特に黒っぽい(漂白されていないそば)ほどGIが低くおすすめです。そばに欠けている栄養素はビタミンCですが、これは薬味のネギを加えることで補うことができます。こんなに体に優しいそばをもっと食べようと思っています。

創意工夫の大切さ

「専門知識は低い目線で語れ」とある新聞記事に目がとまりました。専門的は事柄を伝えるのは難しい。例えば法律や商品の説明そして医学といった専門知識を一般の方々に伝えるにはさまざまな創意工夫が要求されます。専門的な事柄を伝えるには目線をどこまで下げられるかが勝負であると。それは、専門知識に対する敷居を低くできるからです。
ユニークな例として「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中の「とめはねっ!鈴里高校書道部」があります。地味極まりない書道のしかも専門知識を青少年に面白く読ませてしまうというコミック。それが大変人気があるというのです。

ジャニーズの歌の歌詞を書道で書くパフォーマンス、恋愛エピソードを盛り込んだりして読者を惹きつける、そうした創意工夫によって、書道の基礎となる「永字八法」、「三折法」、「楷書」と「行書」の違いなど専門的な知識が無理なく自然に頭に入るんだそうです。

ポイントは、目線の低さと構成の巧みさです。つまらない内容であれば数分で飽きてしまうところを、このコミックは書道に興味がなかった人でも思わず書道を始めたくなるような楽しさがつまっているのです。
それは医療に通じるなぁ~と。治療は、患者の皆さまとの共同作業であり、治療に入っていくプロセス、そして治療中もいかに納得して頂きながら治療がスムーズに行えるかは、医師の様々な創意工夫が必要であると日頃感じていたからです。
これからも患者さまと同じ目線にたって診察ができるようにしていきたいと思っています。創意工夫は企業秘密として(笑)

今年もスタッフ一同、皆さまの意見に耳を傾けながら、頑張りたいと思っております。何かお気づきの点がございましたら、是非お聞かせください。本年も宜しくお願いいたします。

院長の部屋に戻る≫≫