院長の部屋

HOME » 院長の部屋 » 8 2004年 師走

8 2004年 師走

04年12月

今年もあとわずかとなりました。当院では恒例の忘年会も終わり、スタッフにとっては、一年の中で一番忙しい12月です。先日、無事に仕事収めができるよう、スタッフにはっぱをかけました。2004年も笑顔で締めくくりができますよう、全員で頑張ります。

満12周年と電話予約

今年は桃太郎クリニックにとっては、大きな事業がありました。満12周年を迎えたところで、少しでも患者さまの待ち時間を短縮するために自動電話予約サービスを導入しました。来院し診察を受けて満足して帰って頂かなければ、信頼は得られないと、いつも思っておりましたので、朝の順番取りをなくして待ち時間を短くすることが課題だったのです。

導入を決めるまでには皆んなで検討を重ねました。当初はこちらも不慣れなことが多く皆様にご迷惑をおかけしましたが、4ヶ月ほどが過ぎ落ち着いてまいりました。 皆様からは、意見箱などでいろいろな声を頂戴し感謝しております。 これからも必要ならば修正を加えながら、よりよい電話予約サービスにしていきたいと考えております。尚、完全予約制ではありませんので、予約がなくても大丈夫です。

インフルエンザ

今年は、例年になく暖かい日が多いせいか、今のところインフルエンザは流行していません。しかしながら、感染性胃腸炎が県全体に広がっていて、学校閉鎖の出た学校もありました。この冬は、インフルエンザが流行しないことを祈るばかりですが、最近のインフルエンザに対する検査法、治療法は様々なものが出ています。ご存知ない方も多いかと思いますので、今回は少しこのことについてお話ししたいと思います。

インフルエンザの検査方法

インフルエンザの検査方法としては、鼻の奥(または喉の奥)を綿棒でこするというものがあります。15分ほどで結果がでます。但し、発熱後12時間から24時間の間は、陽性率が高く、発症直後ですと、この検査をしても陽性率は非常に低下し、判断材料にはなりません。ですから、高熱が出て、埼玉医大の夜間診療へ来院されても、発熱後12時間以内ですと翌日にかかりつけ医で検査されるよう指導されています。

インフルエンザの治療

インフルエンザの治療薬として、商品名で「タミフル」という薬があります。「タミフル」を発熱後48時間以内に服用すれば、2日前後で解熱効果がみられる薬です。数年前に開発された特効薬です。大人にも小児にも有効です。小児の場合はこの薬が主に使われます。ただ、この薬は苦味が完全にマスクされておらず、小児の場合は、チョコレートアイス、ヨーグルト、いちご味のヨーグルト、ココア、オレンジジュース、スポーツドリンクと一緒に飲むと、苦いを感じにくいようです。乳酸飲料、バニラアイス、リンゴジュースと服用すると味が変化してしまい飲みにくいようです。

あとわずかで2004年の幕が閉じようとしています。新潟の大地震、そして先日もインド洋で大規模な地震が起こり、津波のため大勢の方々が犠牲になっています。ここ関東地方も、いつ大地震が発生してもおかしくない場所ですから、人ごとではありませんね。 世界中、暗いニュースがいっぱいの2004年でしたが、来る年は、平和で穏やかな年であるよう祈りたいものです。

来年も皆様のご意見をお聞きしながら、少しでも居心地のよいクリニックを目指して頑張りたいと思います。どうぞお元気で、よい年をお迎えください。

院長の部屋に戻る≫≫