院長の部屋

HOME » 院長の部屋 » 35 初夏の風

35 初夏の風

10年06月

初夏 まっさかり。この関東平野に広がる武蔵野の風景の、緑もゆるさわやかさは本当に心地いいものです。こんな時は、公園の芝生に寝っころがって、流れる雲を追いかけたい気分になる私です。
緑といえば、診察室の方隅に置いてあるコーヒーの木が、春先に可憐な花をいつになくたくさん咲かせ、今は緑色のつややかな豆をたくさんつけています。この豆はしばらくすると、だんだん褐色を帯びワイン色に変わっていきます。

横浜・中華街

5月中旬の日曜日、ドライブがてら、横浜中華街まで行ってきました。環八通りは、いつもに比べ車の数も少なく、よく渋滞するところもスムーズに流れていました。
中華街は横浜の人気スポット。お昼時は混雑してましたよ。でも連休明けのせいか、お目当てのお店にもすんなり入れて、息子と二人飲茶を楽しんできました。

 

帰りがけに家族におみやげをと、中国料理世界チャンピオンが4人がいる「皇朝」の(テレビ番組でも多数放映されているとのこと)の一番人気の肉まんを買いに行きました。ラッキーなことにこの日は、スタッフに混じってゴールドの料理服をまとった第20回チャンピオンのチンコッケイ氏がもくもくと調理場で作業をされていていました。肉のうまみのつまった小ぶりな肉まんは、醤油なしでいくつでも食べられるシンプルな味わいでした。皆さんも中華街にお出かけの際には召し上がってみてください!その場でもいただけます(v^ー°)

ボディケアの大切さ

私たちの体は、毎日の食事によって作られます。でも、食事さえ完璧なら健康になれるのかというと、そんなことはありません。人間は動物。適度な運動がとても大切なんです。

運動の利点は、筋肉を維持することだけではありません。血行を促進して疲労物質の排出をうながしたり、東洋医学でいう「気」(エネルギーのようなもの)を全身にめぐらせることに役立ちます。それから、深く呼吸をすることで、必要充分は酸素供給することも意外と重要なポイントです。

現代人は日頃から時間に追われ、仕事や人間関係などで無意識に緊張しているため、呼吸は浅くなりがちです。しかも気密性の高い室内で過ごすことが多いため、体はいつも酸欠気味。集中力が続きにくかったり、いらいらしたり、ネガティブ思考に陥ってしまいそうな時には、まずゆっ~くり深呼吸をしてみてください。さらに、運動や体操などによるリズミカルな動きを加え、自律神経のバランスが整えられたら最高です。

健康のためにする運動は「適度」が基本です。この場合の「適度」とは、気持ちがいいと感じる程度をいいます。走るのが好きならば、ランニングでもいいのですが、苦しいのに無理をして走るのは逆効果です。

もっとも手軽でいい運動は、ウォーキングでしょう。ポイントはなるべく20分以上休まずに歩くこと。信号待ちの間も足踏みをして、流れを持続するようにしてみてください。歩くこと以外にも、ヨガ・太極拳のようにゆっくりと体を動かす運動もおすすめです。またストレッチ、深呼吸をしながらの瞑想、お腹の底から声をだして歌うのもいいと思います。

気軽に続けられることを実践して、自分の体を気持ちいい状態にしてあげてみてください(*^-^*)

第3の脂肪「異所性脂肪」に注意

悪玉コレステロール、善玉コレステロールが正常、かつ肥満も見られないのに、脳梗塞ゃ心筋梗塞を発症することが多々あります。
「異所性脂肪」とは、内臓脂肪や皮下脂肪といった脂肪組織以外に蓄積する脂肪のことです。肝臓、筋肉の他、心臓、すい臓にも蓄積することが知られており、特に細胞中に貯蔵されると毒性を発揮します。
これまでメタボリック・シンドローム(内臓脂肪型肥満に高血糖、高血圧、高脂血症の2つ以上を合併した状態)の病態については、内臓脂肪(血行のよい内臓のまわりにあるので蓄積されるのも早いが分解されるのも早い)に伴うインスリン抵抗性(インスリンの自己分泌は充分あるのにインスリンが充分効果を発揮できない状態)が原因と考えられてきました。

内臓脂肪が増加すると、インスリンの効きが悪くなり(インスリン抵抗性の増大)、血糖値や血圧の上昇、中性脂肪の増加、善玉コレステロールの減少などメタボリック・シンドロームのリスク要因を増やすのです。

しかし、詳細な発症メカニズムについては不明な点も多く、近年では、インスリンの抵抗性には異所性脂肪も関与していることが明らかになりつつあります。たとえ痩せていたとしても、インスリンの標的臓器である肝臓や筋肉へ脂肪が蓄積していると、インスリン抵抗性が発生するのです。

異所性脂肪を測定する医療機関はまだほとんどありません。そこで一つの目安として、1.中性脂肪の上昇(150㎎/dl 以上) 2.善玉コレステロール(HDL-C)の減少(40㎎/dl以下) 3.GPT(肝)が30IU/L 以上が疑われます。
※GPT(肝)が30を越えた場合、すでに肝臓に脂肪が蓄積されている場合が多い。

治療はいたってシンプルです。

1.外食と油ものを控える。
2.ゴハンは一膳にとどめる。
3.肉よりなるべく魚を食べるようにする。
4.一日30分程度早歩きをする(一気に5000歩~8000歩)
体重は数パーセント減少すると、「GPT」「中性脂肪」などの異所性脂肪のマーカーは正常値になるケースが大半です。まずは、異所性脂肪を減らすため、体重を5%減量することを目標にしてみてください。

夏への楽しみ(高校野球)

大ファンである名門・岡山東商が長い低迷期を抜け出し、2006年春のセンバツ高校野球大会に出場し、昨秋の県大会準優勝、今年の春の県大会ではライバルの関西高校をくだし見事優勝しました。
このまま好調をキープして、夏の県大会を勝ち抜き夢の甲子園で、あの白桃色のユニホームが活躍してくれることを心待ちにしています。

院長の部屋に戻る≫≫